HOME > サービスのご紹介 > ビルとオフィスの安全 > システム警備 >防犯・監視カメラシステム

警備システムはビル・オフィス環境に最適なプランニングにより、最大効果を発揮します。

最先端機器を駆使して、高度なセキュリティシステム構築すること、そしてより高い安全性と信頼をカタチにしていくこと。アラコムは、ビル・施設ごとに異なる環境を把握して、もっとも防犯性、信頼性の高い、最適なセキュリティシステムを実現します。

防犯・監視カメラシステム

さまざまなニーズにフレキシブルに対応するカメラシステムをご用意

アラコムはビル・施設に、最も適したカメラシステムをご提案し、防犯体制を構築しています。センサー機能及び高解像度を誇るハイスペック機器の導入や、LAN・インターネット上を活用してPCによるモニタリング行うネットワーク カメラ システムなど、さまざまなニーズに対応します。

パソコンタイプ録画装置

遠隔地のカメラ映像をIPネットワーク上の監視センターへ配信。監視・蓄積・検索機能、外部システムとの連携など幅広い映像監視ソリューションを提供します。

レコーダーの操作はモニター画面上のマウスで簡単操作。

ネットワークカメラシステム

LAN、インターネット上のパソコンでモニタリング。

置き去り持ち去り検知システム

各種機器・センサー等の組み合せと監視カメラの映像を利用し、侵入者の検出や置き去りなどの不審行動の検出を正確に行う事で、高度な遠隔映像監視を実現します。危険物が置き去りにされると、モニター画面上で、危険物を赤い囲みで際立たせると同時に、アラームを発信しますので、監視人はすぐに危険物が置き去りにされたことを知ることができます。更に、さかのぼってどのような人物が置き去りにしたのかを映像で確認でき、更に追跡することができます。

侵入検知システム

不審者の侵入については、通常、監視人が複数のモニター画面を見ながら監視しますが、人間の目による監視には限界があり、見逃しや他のことに注意を奪われ、モニター画面を見ていないという状況が想定されます。「侵入検知システム」を採用することにより、確実に不審者の侵入を発見することが可能になります。モニター画面上で、不法侵入者が赤い囲みで際立たせられ、アラームが発信された場合、監視人はクリック1つで不法侵入者の行動を「侵入開始時点」までさかのぼって動きを見ることができ、更に追跡することができます。

設定した検知条件に基づいて画像処理を行い、不審行動を自動で検知、通報します。

お問い合わせ(総合)

お電話でのお問い合わせは03-3506-5341(代表)
受付時間 / 平日 9時~17時30分(年末年始はのぞきます)

TOPALACOMとはサービスのご紹介会社情報採用情報
ビル・オフィスの安全輸送リスクの軽減地域社会の安心ビル環境の快適性用途別サービスのご紹介